マリコ☆世界一周日記

3月21日から1年間、地球をぐるっとしてきます!!応援よろしくお願いします!!
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  38

ボリビア・ウユニ塩湖のリフレクション♪

☆★ウユニ塩湖★☆

世界一周旅行の出発を3月にした理由は2つ。
各国の夏やベストシーズンを追う旅にしたかったから。(東南アジアは違かったけど^^)
そして、雨期のウユニ塩湖に2月に行きたかったから。
旅行中いろんなことがあって、当初の予定が変わったりしたけど、
2月にウユニに行くことは譲らず!
最終的に南米旅行の大トリは、ウユニ塩湖になりました!!

でも雨期に行けばいいというわけでもなく、
毎年降水量や降り始める時期が違う。
情報を集めると、毎年2月が可能性大。
実際に鏡張りを見た旅人の話でもやっぱり2月でした。

それに水位が高すぎても良くないし、
前の日に大雨が降ったりすると水が濁ったり、天気が良すぎても、
溶け出して泡ができて、きれいに反射しない。
天気と水面の色んなタイミングが合わさって、ものすごい絶景になるらしい。

私がウユニにいられるのは3日間だけ。
初日は、ウユニ塩湖に感激して、鏡張りも見れたけど、なんだかもっとキレイなのが見れそうな気がした。
2日目は天気が良かったけど、水面に泡が浮いてしまっていた。
3日目は、だいぶ干上がって、水位が良い感じ!水の透明度も前2日と全然違っていた!!

3度目の正直!!最後の最後に思い描いていた絶景が現れました!!
車は空を走っているよう♪
DSCF1339A.jpg
DSCF1322A.jpg
DSCF1336A.jpg

鏡のような万華鏡のような・・・
180度この世界が広がっていました。
DSCF1297A.jpg
DSCF1300A.jpg

信じていれば、願いは叶うんだなあ。
DSCF1330A.jpg

みんなで遠近法を使ったトリック写真を撮ったり、
ぼーっと眺めたり、
クリスタルを集めたり・・・

足元はこんな感じ。
DSCF1308A.jpg

塩の白い砂漠がほぼ六角形の形が連続して広がっています。
ガイドさんが、穴の中に手を入れて大きい塩のクリスタルをお土産にとってくれました。
直角と真っ直ぐの平面をもつクリスタルは、
人間の手でキレイに切り取ったみたい!!

ラパスから一緒に移動してきたアラキさんと
塩でできたホテル「ルナ・サラダ」に泊まりました!!
すっごくかわいくてテンションあがります♪♪
DSCF1206A.jpg
DSCF1158A.jpg

☆★ラパス★☆

3年前にラパスに行った時の記憶は、郊外のティワナク遺跡や月の谷に行ったことくらいしかなく、
ラパスの街は、あまり良い印象がありませんでした。
今回は、高山病も全然なかったから余裕が出来て、
ボリビアの人たちも親しみやすい人が多くて、ラパスって結構いい街だとわかった!
DSCF1358A.jpg

インディヘナのおばちゃんたちもいっぱい。
DSCF1380A.jpg
DSCF0993A.jpg

ラパスで止まったのは、日本人の南雲さんが経営している一番ホテル。
日本に帰ったような快適さでした!
南雲さんにどうしてボリビアに来たのか??を尋ねたら、
日本史とも関係がある、とても興味深いお話を聞かせてもらいました☆

南雲さんに教えてもらったお店で食べたローカルフードのサルテーニャ!
肉じゃがのような具が甘く煮込んであって、ムイ・リコ☆
ロシアで食べたピロシキ、イースター島のマグロのエンパナーダに並ぶ美味しさでした。
DSCF1366A.jpg

ボリビア楽しかったー また行きたいな。

その後、アルゼンチンはブエノスアイレスに戻って、
南米旅行最後の一日を過ごしました。
11月に入ったメキシコから
ほとんどずーっとスペイン語に囲まれて、
ラテン音楽が流れてた毎日とお別れです。
ちょっとさみしいなーと思いながら、
1か月前に行かなかったアンティークなサンテルモ地区をぶらぶらしたり、
おしゃれなパレルモ地区で買い物したり、
世界で2番目に綺麗な本屋さんに行ったり・・・
DSCF1462A.jpg

アルゼンチンはアイス屋さんがいっぱい。
なのに全然食べてなかったから、
最後の日ぐらい食べようと思って、こんな食べちゃった♪
DSCF1475A.jpg

行ったのはPersiccoという大人気のこだわりアイス屋さん。
フルーツいっぱいのフルティエラと白ワインアイスのサンバジョン!
サンバジョン絶品です!でも大人の味~☆

ブエノスアイレスから南米大陸を出て、
世界一周旅行、最後の国は・・・

オーストラリア!!
DSCF1482A.jpg

ただいまタスマニア島に滞在中でーす♪

スポンサーサイト
別窓 | 南米 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  37

イグアスの滝&リオ・デ・ジャネイロ

引き続き南米の自然遺産の迫力はハンパない!!

☆★イグアスの滝★☆

アルゼンチン側のイグアスの滝は、
ひたすら迫力を体感する滝です。
DSCF0616A.jpg

滝壺へ落ちてゴーゴー言ってるし、
とにかく滝が近い。
水しぶきで頭からびしょ濡れになります。

悪魔ののどぶえという名前の滝。
誰が付けたのか、名前のとおり、ほんと悪魔だ笑
DSCF0548A.jpg
DSCF0566A.jpg

ボートに乗って、滝壺に思いっきり打たれに行く!!
DSCF0604A.jpg

この写真は、滝壺に入る手前ギリギリで撮った☆
わざと誰かがやってる!?というくらいガンガン滝に打たれました笑
DSCF0610A.jpg

雨が降って、水量が多くなりさらに迫力ある滝が見られました。
DSCF0623A.jpg
DSCF0629A.jpg

次の日は、ブラジルビザをプエルト・イグアスの領事館で取得して、
ブラジル側の滝にも行ってきました。
アルゼンチン側より迫力がないなんて聞いてたけど、
こっちだってありすぎます^^
DSCF0716A.jpg
DSCF0698A.jpg
DSCF0733A.jpg

滝に囲まれたり、
DSCF0708A.jpg

悪魔ののどぶえのブラジル側は横から見れる!
DSCF0727A.jpg

なんといってもブラジル側の魅力は、
イグアスの滝の全景が眺められること!
前日にアルゼンチン側を見学すると、
こうなってたのかー!!とわかって面白い^^
DSCF0659A.jpg
DSCF0670A.jpg

イグアスの滝、ただの滝じゃない!
なんだか生き物のような・・・
ぼーっとしてたら飲み込まれてしまいそうな怖さもあります。
写真や動画を撮っても、なかなかこの迫力は伝わりません。
是非、びしょ濡れになって体感してみてください!!

☆★リオ・デ・ジャネイロ★☆

ブラジルビザも取ったし、ここまで来たからリオに行ってみたい!!
と、長距離バスに乗って丸一日かけてリオ・デ・ジャネイロへ♪
リオのカーニバルが有名ですが、今年は3月。
カーニバルはあまり興味ないし、
物価はさらに上がるわ、治安もさらに悪くなるわで
カーニバルを避けられて私にとっては逆にラッキーでした笑

ケーブルカーに乗って急な斜面を登って行くと
DSCF0751A.jpg

コルコバートの丘の上の景色は最高☆
DSCF0765A.jpg
DSCF0770A.jpg

ベトナム・ブンタウのキリスト像みたいに肩の上には登れず、
下から見上げます。
DSCF0772A.jpg

あれ?ブンタウは、しゃくれてたけど、
こっちは、しゃくれてない!笑
DSCF0814A.jpg

翌日は、キリスト像を遠くから眺めます。
DSCF0843A.jpg

砂糖パンという意味のポン・ジ・アスカールに登りました!
DSCF0866A.jpg

本気でリオの上空を飛ぶ鳥になりたいと思ってしまうほど、
リオの景色はスバらしかった!!
DSCF0890A.jpg

奥の海岸がコパカバーナ!
DSCF0878A.jpg

高台からの写真ばかりなのは、
治安が悪くて、カメラを持ってウロウロできなかったから。
街並みは目に焼きつけときました。
写真好きにはたまらなそうな被写体がいーっぱいあったんだけど!!
でもコパカバーナの海岸の様子はカメラに収めてきました♪
日曜日ということもあって混んでます。
DSCF0825A.jpg
DSCF0831A.jpg


アルゼンチンの牛肉が美味しすぎて、自炊が楽しかったけど、
ブラジル料理のシュラスコもまた激ウマでした!!
DSCF0951A.jpg

キリスト像は、ブエノスアイレスへ向けて出発した飛行機の中からも
小さくずーっと見送ってくれました。
遠かったけどリオ・デ・ジャネイロ来てよかった☆

今日、南米旅行最後の日をブエノスアイレスで過ごしました。
次回は先日見てきた南米で最後の絶景を報告しまーす!!
別窓 | 南米 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  36

目標達成!!パタゴニア

☆★エル・カラファテ★☆

カラファテに着くと空気が違う!
それに空が北欧といていてとても広い!
ここから一番楽しみにしていたパタゴニアの旅、スタートです。

パタゴニアで見たかったのは氷河!
DSCF4523A.jpg

ロス・グラシアレス公園のペリト・モレノ氷河を展望台から眺めました。
パーンとどこかの氷が割れる音がしたり。
ぼーっと眺めてると、すごい音がして、
目の前の氷河が崩落!!
DSCF4553A.jpg
DSCF4554A.jpg
DSCF4555A.jpg

間違い探しみたい笑
手前の氷河が崩落しているのがわかるかな??

そんな迫力ある光景を見ていると二時間くらいあっという間でした。

そのあとにボートに乗って、氷河に近づき、
アイゼンを靴に装着して氷河の上を歩きました。

ザクザクザクザク
DSCF4648A.jpg

ミニトレッキングの最後にはウイスキー!氷河のロック♪
DSCF4671A.jpg

☆★エル・チャルテン★☆

カラファテから近いエルチャルテンへ。
3405mの高さで煙を吐く山と言われた
フィッツロイを拝むためにやってきました。
町に国立公園のトレッキングルートの入口がいくつもあって、
その中で私は所要三時間くらいで往復できる簡単なトレッキングをしました。

吸い込まれそうな景色に足が止まって先になかなか進めない・・・
DSCF4709A.jpg

カプリ湖に到着。
でも肝心なフィッツロイが見えない!
DSCF4748A.jpg

ここで見たいんだよーと粘って待ってみたら・・・

姿を見せてくれました。
DSCF4780A.jpg

今度はエルチャルテンの近くにある氷河へ船に乗って行きました。
DSCF4847A.jpg

氷河が表面をつるっつるにした岩をのぼり、やがて氷河に到着。
DSCF4856A.jpg
DSCF4872A.jpg
DSCF4892A.jpg

氷河の上を歩くのが楽くて、これは氷河の中にも入れるツアー。
DSCF4901A.jpg

氷河の中って青い!
でもよくみると透明!
DSCF4904A.jpg

トレッキングの最後、今回はベリーズの氷河ロックで乾杯しました♪

☆★パイネ国立公園★☆

パタゴニアはアルゼンチンとチリの南部に広がっています。
今度はパイネ国立公園へ行くために再びチリに入国。
強風と曇り空のプエルト・ナタレスに泊まり、明日に備えました。

氷河が削り取ってできたミロドンの洞窟。
とっても広い!
氷河の力ってすごいな~
DSCF4934A.jpg

パイネ・グランデ山の最高の景色!
絵葉書の中に入り込んだかのよう!!
DSCF0062A.jpg
DSCF0074A.jpg
DSCF0026A.jpg

翌日の移動日は、やみそうもない雨。
パイネはまる一日しかいられなかったけど、
まるでその日を選んだかのようなお天気に恵まれました。

☆★ウシュアイア★☆

さらに南下し・・・
北極圏にあるヨーロッパ最北端のノールカップ岬に到達してから約7か月・・・
ついに世界最南端の街ウシュアイアに到着!!
目標達成です!!
DSCF0184A.jpg


世界の果てにある街は思ったより大きくて、
雰囲気はちょっと似てたけど、
ヨーロッパ最北端の町ホーニングスヴォーグよりも観光地としての規模が違う!
DSCF0491A.jpg


アルゼンチンの国道3号線は、
ティエラ・デル・フエゴ国立公園を貫いてここで終わります。
DSCF0231A.jpg

そして世界の果てにはペンギンがいます。
DSCF0340A.jpg

こんなに!!
DSCF0348A.jpg

会議中のところをお邪魔したり、
DSCF0404A.jpg

赤ちゃんもいっぱい間近で見れました!
DSCF0426A.jpg

南米の旅も終盤だー!!
別窓 | 南米 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  35

サンチャゴとブエノスアイレス♪

ブログ更新してなかったので、またネタがたまってしまいました笑
パタゴニアのあと、イグアスの滝、リオデジャネイロと行ってきました。
その報告はまた近いうちにアップします♪
現在地は、また戻ってきたアルゼンチンのブエノスアイレス!

☆★サンチャゴ★☆

イースター島はポリネシアンだったから、全然南米にいる気がしなかった。
そっか、チリだったんだっけ笑
DSCF4203A.jpg

首都のサンチャゴはアンデスの山に囲まれています。
日曜日は交通量が少ないから、よく見えるけど、
平日はスモッグがすごいらしい。
DSCF4065A.jpg

見どころの少ないサンチャゴで楽しみだったのは、中央市場!
シーフード三昧を体験したかったんです^^
エリッソというウニと ロコというアワビ。
日本人も多いから、醤油も用意されてた。
他のソースもあったけど、やっぱり醤油のが断然美味しい。
DSCF4104A.jpg

市場ではこんな風に売ってます。
DSCF4111A.jpg

魚介類の種類の多さは面白かったけど、キレイさと魅せ方はやっぱりチュニスが良かったなー
チュニスはハエの一匹さえいなかったし!
DSCF4112A.jpg

日曜日はほとんどのお店が閉まってさみしい雰囲気のサンチャゴだけど、
どこの博物館も無料の日!!
いろいろ回って、面白い博物館を見つけました♪
プレコロンビア芸術博物館のプライベートコレクション!
ホントに昔の人が真面目に作ったの??と疑ってしまうようなナイスキャラのほんのごく一部をご紹介!!
イースター島で面白い写真は撮らなかったから、こちらでお楽しみください笑
DSCF4160A.jpg

こういう人いる
DSCF4162A.jpg

どうしたの?大丈夫??笑
DSCF4164A.jpg

これはオルメカ文明の有名な像らしい。
DSCF4175A.jpg

ペルーでいっぱいインカの土器見たけど、こういうのはなかったなー
DSCF4196A.jpg

一つ一つインパクトありすぎ!
次から次へと面白いのが目に入って、
説明読むとキリがなかったので何が何だかわかりません笑


☆★バルパライソ★☆

サンチャゴから約2時間の港町。
アセンソールというケーブルカーに乗るんだけど、
乗り場が街に溶け込みすぎ。
DSCF4289A.jpg
DSCF4239A.jpg

カラフルな家が立ち並ぶ坂道を歩いたりしました。
丘の斜面に這いつくばるように家が遠くまでぎっしり並んでいます。
貧しい家も多いから、治安は悪め。
DSCF4250A.jpg

こういう街、ほかでもいっぱい見てしまったので、あまり感激せず^^
アセンソールがいい味出てて乗って楽しかったけど!
カラフルで芸術的なところってヨーロッパ、中南米、いろんなところにあるんだなあ。
そしてそういうところは大体貧しくて治安が良くないところだったりする。
でもこのあと紹介するブエノスアイレスのボカ地区は面白かった!!

☆★ブエノスアイレス★☆

飛行機で飛んで、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ。
南米のパリと言われるだけあって、もうここはヨーロッパ。
また南米にいるのを忘れてしまいます。
DSCF4335A.jpg

今いるホステルはこの高ーいオベリスコの近く。
DSCF4424A.jpg

さて、ここはどこでしょう?
DSCF4381A.jpg

高級住宅街のレコレータ地区にある立派な墓地なんです。
エビータもここに眠っています。
DSCF4404A.jpg

エビータ博物館には、
センスのいいドレスや帽子がたくさん!
DSCF4433A.jpg

この写真は、33歳の若さで亡くなったエビータが公の場に現れたときの最後の写真。
博物館の最後に展示されていました。
DSCF4442A.jpg

エビータのこと、もっと知りたくなったから
帰ったら調べてみよ~♪

ここがボカ地区。
またカラフルなところなんだけど、
ここはテーマパークっぽくてかなり気に入った!
DSCF4446A.jpg
DSCF4461A.jpg

カフェでタンゴやフォルクローレを見せていたり。
DSCF4450A.jpg
DSCF4483A.jpg

なんか楽しーい☆
DSCF4456A.jpg

夜はタンゴを見に行きました!
でもタンゴってディナーショーだったり、すっごく高いけど、
ここはタンゴショーのみで服装もカジュアルで大丈夫だし、
手頃でとってもいいショーだった!!
DSCF4500A.jpg

踊りはもちろんのこと、衣装もカッコ良かったり、すっごくステキで、
どんどん引き込まれてしまいました!!
アルゼンチンに行ったら絶対見るべきです☆

次は、パタゴニア編でーす!

別窓 | 南米 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  34

風が気持ちいい☆イースター島

現在、南米大陸の南、パタゴニアに来ています!!
世界一周旅行のハイライト真っ只中☆
アルゼンチンはエル・カラファテの町です。

☆★イースター島★☆

チリ・サンチャゴから3800km。
また南米本土を離れて孤島にやってきました。
DSCF3630A.jpg


イースター島は暑いけど、でも風がとーっても気持ちいい!
DSCF3681A.jpg


彼の後ろにある山がモアイ製造工場である山、ラノ・ララク。
DSCF3658.jpg

この山に一番大きいモアイがいるけど、どーれだ??
DSCF3608A.jpg


正解は、一番下に写真を載せときまーす♪

モアイにもいろんなのがある。
DSCF3613A.jpg

帽子を被っていたり。
DSCF3760A.jpg

後ろにまわってみると、ふんどし姿だったり。
DSCF3723A.jpg


プカオという帽子の部分の製造工場はまた別のプナ・パウというところ。
赤い岩がここで切り出されました。
DSCF3983A.jpg

集落を守るため、海を背に立っているモアイですが、
これは海のほうを向いています。
伝説のヒバの国のほうを向いているとかいろんな説があるそう。
DSCF4010A.jpg

イミテーションの目が入っていたり。
DSCF4057A.jpg

もともとは、祭壇に置かれたモアイにはみんな目があったらしい!
この目も白と赤い石で作られています。

本物は博物館にあった!
DSCF3823.jpg

モアイの目はマナという霊力が出るといわれ、
部族間の争いの際、相手の部族はそれを恐れて、
目は破壊し、うつ伏せに倒しました。
イースター島には倒されているモアイがいっぱいあります。
DSCF3576.jpg


南部にあるオロンゴ儀式村にも行きました。
火口湖は空に反射してすごくキレイ!
DSCF3950A.jpg

イースター島のそばには三つの小さな島があって、
毎年、鳥人儀式が行われたのが一番大きなモトゥ・ヌイという島。
DSCF3943A.jpg

ここへ泳いで行って、飛来してくるグンカンドリが最初の卵を産むのを待ち、
その卵を持って泳いで帰ってきた人が鳥人と呼ばれ、
一年間政治的にも宗教的にも権力を握ったそう。
グンカンドリ!この前ガラパゴスへ行ったことと繋がっていて何だかうれしい。

同じ宿の人たちと見に行った伝統舞踊のカリカリダンス!
DSCF3851.jpg

女性も男性もダンサーがスタイルよくてかっこよかった♪
DSCF3866.jpg
DSCF3893.jpg

夕日とモアイ。
日が長くて、日没は21時。
DSCF3793.jpg

夕日が沈んだあとのほうがキレイでした。
DSCF3801.jpg
DSCF3806.jpg

やっぱり雲がある空、好きだなー☆

日本人宿化しているペテロ・アタムに泊まって、
久し振りのお好み焼きやカレーライスなど日本食でパーティしました。
ここでも良い出会いがいっぱい☆
かなこさんやゆっきーさん、コユミさんたちと遅くまで話したり。
とっても楽しかった!!

モアイがいっぱいで面白そうと単純な気持ちでイースター島にやってきたけど、
実際説明を聞いたり、倒れているモアイを見たり、博物館に行ったりして
なんだかモアイに対する気持ち!?みたいなのが変わってきた!
イースター島を出る頃にはすっかりモアイファンになった私でした^^

さっきの正解は横になってるこのモアイ!!わかったかな??
DSCF3636.jpg

別窓 | 南米 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| マリコ☆世界一周日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。